海外販売のヒント

典型的なワークフロー

海外展示会で成果がでない

海外へ販路開拓をしたいという場合、展示会を最初に思いつく方が多いのではないでしょうか?しかし実際に出展した企業からは、海外展示会でなかなか成果があがらないという声を多く聞きます。では、なぜうまくいかないのでしょうか?

海外展示会出展で成果があげられない原因として、その目的が明確化されていないという事が挙げられます。展示会出展の目的が、その国での代理店探しなのか、エンドユーザーへの直接売り込みなのかがあいまいなのです。

もしエンドユーザーへの売り込みが目的であるならば、エンドユーザー用の価格表を用意していくことが必須です。関税や輸送料もいれた価格表が望ましいです。それなしに製品説明ばかりされてもエンドユーザーも検討のしようがありません。

また海外展示会で会うエンドユーザー候補とは一期一会のつもりで、その場で渡せるサンプル・資料等もなるべく多く準備しておくべきです。日本のように「細かい話は展示会が終わった後で別途ゆっくりやりましょう」とはいかないからです。

代理店探しが目的であるなら、どういった代理店を求めているのかを明確に英文にした提案書をもっていった方がよいです。売り込みの手順や問題点等を詳細に説明し、彼らへの報酬体系も提示するのです。それを製品説明ばかりして、代理店候補に「提案お待ちしています」というのは無理があります。

海外展示

「展示会で製品説明ばかりしていても販路はできない」と心しておくべきでしょう。

ブランド戦略

海外に売り込む際に「製品や会社の名前は日本語をローマ字表記したままでいいのか」というのは気になるところです。

問題は会社名や製品名が長すぎる場合です。海外で意味をもたない名前の場合、TOYOTA, HONDA, 等の例をみても3音節ぐらいまでにおさせることが望ましいです。ちなみに私の名前はyutaka ですが、私の外国の友人は「お前の名前は憶えるのが難しい」とぼやいていました。

また商品名が現地で思わぬ意味を持つことがあります。よく知られた例ではカルピスは英語圏でカルピコという名前で販売されています。カルピスは、現地でカウ(牛)ピス(おしっこ)と聞こえるからだそうです。牛のおしっこは売れませんよね。新しい製品名を考える場合、できれば英語圏で生まれた人に製品名の語感を一度確認するとよいでしょう。

また、あえて「名前を製品にいれない」という戦略もあります。商品名が製品や箱に記入されていると、インターネットで製造会社に直接に問い合わせすることが可能になります。それを嫌う現地の販売代理店が意外と多いので、彼らを大事にする意味で、商品名を製品やパッケージに印字しないのです。名前一つをとっても、なかなか奥の深い戦略がありますね。

「セールスレップ」と「ディストリビューター」の違いとは?

日本においては「問屋と代理店と商社の違いは何でしょう?」と問われても答えられる人はいません。実際のところ、明確な定義上の区別がないままにごっちゃに使われているからです。欧米でもセールスレップ、ディストリビューターとう似た言葉がありますが、この2つは明確に違います。販売するものの所有権(≒在庫)をもって再販する会社をディストリビューター、所有権(≒在庫)を持たずに売り上げの%を成功報酬として得るのをセールスレップと区別しているのです。

セールスレップは基本的には売り上げに応じた成功報酬で運営されているので、製造会社側に固定費は発生しません。またセールスレップは面白い新製品を扱うことに積極的です。
在庫をもつディストリビユーターは、不良在庫としてそのまま損になる可能性があるので、どうしても新製品に対して臆病になります。しかし、在庫をもたないで販売代理だけを行うセールスレップは、売れなくても損をしないのです。彼らとしては顧客への話の種ができるというメリットもあるから、面白い新製品を扱いたがるのです。

海外展示

このセールスレップ制度は米国で発達したものですが、その考え方自体はどの国でも適用可能です。「シンガポールに在庫をもって販売してくれるディストリビューターをパートナーとして見つけて、隣接するインドネシアとマレーシアには現地事情に詳しいセールスレップを見つけよう」といった考え方をするとアジアの販路網構築の戦略もクリアーに立てることができます。

輸出先の規制・認証はどのように調べるの?

輸出に当たって多くの会社が心配されるのが規制・認証の問題です。輸出先の国でどういった規制・認証があるかわからないので、それで訴訟を心配されるのです。

有名なところでは米国のUL、欧州のCE、中国のGB あたりですが、国の中でも地域レベルで規制があることもあり、それこそ無数にあります。問題は、「このデータベースさえみれば世界の認証が一覧になっている」といったものは存在しないということです。

一番簡単な調査方法は海外の同業他社のカタログを取り寄せてどういった認証をとっているかを確認することです。それと同じ認証をとっておけばまず間違いありません。

次に簡単な方法は現地の代理店(候補)に聞くこと。彼らは自分の売り込みに必要な認証をよく知っています。

認証には、
1 必ず必要なもの
2 ある方が望ましいもの
3 特定の場合のみ必要なもの

といろんな種類がありますし、費用も当然かかります。まず、海外における製品需要を確認して売れるメドがたってから認証を取られることをお勧めします。すべての認証をクリアしてから海外販売を始めようとするといつまでたってもできないからです。まずは売り先を見つけることが先、彼らに相談して認証が必要ならとりましょう。

無料相談窓口

ページの先頭に戻る