グローバル・セールス・デザイン(GSD)講座

グローバル・セールス・デザイン(GSD)講座

グローバル・セールス・デザイン(GSD)講座

グローバル・セールス・デザイン講座

この度、グローバル・セールス・デザイン講座を開講することになりました。
「海外へ提案しよう」という講座です。

売り込みではなく「提案」なのです。

グローバル化の進展の中、海外に売り込みたい!という企業は多いものの、日系企業以外への売込みに成功している会社は少ないのが現状です。その理由の一つは海外現地に販売パートナー・販売代理店がいないという事があります。

展示会等で潜在顧客を見つけても、彼らをフォローアップする会社が存在しないのです。たとえ一過的に売れても継続的な販売にはなりません。

海外販売パートナー・販売代理店は適切な提案を求めています。インターネットでメーカーとエンドユーザーが直接に結び付く事が容易になった今、販売活動をした自分達が飛ばされないか、販売努力が報われるのかが非常に心配だからです。

つまり販売パートナー・販売代理店には、製品カタログを渡すだけではなく、彼らを安心させる適切な販売提携案を作って見せてあげる必要があるのです。

例えば、メーカーが求めるのは、製品所有権をもって再販するディストリビューターなのか、顧客紹介だけするセールスレップをなのか、アフターサービスは誰がするのか?彼らがする場合、その代金を直接に顧客に請求してよいのか、メーカーに請求した方がよいのか、等々です。多くの不安を解決してあげないと御社の製品を安心して扱えないのです。

本講座は、そういった販売パートナーの種類(ディストリビューター・セールスレップ)を解説して、彼らへの提案書の作り方を実際に指導して発表いただきます。そしてそれを他の会社にも見ていただく事で、その提案がリーズナブルかどうか客観的な意見を得る事ができます。共通目的をもつ同じ仲間からのフィードバックです。

そして販売パートナー(ディストリビューター、セールスレップ)ができれば、その後で商社に入ってもらう事も可能です。そうなれば、基本的には国内取引になります。必ずしも社内に英語人材が必要というわけでもないのです。

本講座の参加人数は1社から1-4名としています。会社の1人だけが海外戦略を作成しても機能しないからです。この勉強会が社内の責任者、担当者、実務者等が共通の認識をもって協議できる場になる事を期待しています。

また海外展示会、Eコマース、弁護士などの専門家にもゲスト講師として登壇いただきます。そういった人脈も構築いただければと思います。

無料相談窓口

ページの先頭に戻る