GSD講座概要・申し込み方法

グローバル・セールス・デザイン(GSD)講座概要

GSD講座概要

グローバル・セールス・デザイン講座とは

グローバル・セールス・デザイン講座とは

社内にプロジェクトチームを作り海外販売する戦略資料を自らが作りあげる講座です。海外への提案を作る講座と言ってもよいでしょう。
海外展開(販売)は

  • エンドユーザーへの直販
  • 購買再販してくれるディストリビューター
  • 販売の代行してくれるセールスレップ

の3つのルートに大別されます。
そしてディストリビューター、セールスレップのような海外販売パートナーをもつことが重要になってきています。日系でない現地の会社・人に売り込むためです。

前記の3ルートを開拓後、日本の専門商社に輸出業務を委託すれば英語人材がなくても輸出できる社内体制を作る事も可能です。そのルートはしばしば利害的・法的に対立します。国による違いもあります。それらを勘案しながら、御社にとって、もっとも効率のよいグローバル・セールスはどういった形なのかをデザインするのがこの講座の目的です。

内容

  • 講義、プレゼンテーション、討議からなります(全4回)
  • 講師の個別アドバイスがあります(必要なら月5時間まで)
  • 他の会社チームとのディスカッションもあります(同窓会も開催)
  • 成功企業経営者、海外実務に習熟した弁護士、国際人材紹介会社、越境EC専門会社等など毎回のゲスト講師に相談もできます。

どんな人・会社に参加してほしいか?

  • すでに海外販売をしているが、さらに大きく横展開したい会社
  • 真剣ながらまだ海外販売の手順が定まっていない会社
  • グローバルな販売・営業を担当する方
  • 柔軟な思考であらたな視点を加えられる方(1社4名まで)

提案資料の作成とプレゼンテーション

海外販売のノウハウを講義で聞いて以下を検討・プレゼンしていただきます。

  1. 海外エンドユーザーへの提案資料を日本語で作成・プレゼン
  2. 海外販売パートナーへの提案資料を日本語で作成・プレゼン

作成にあたって随時の個別相談もします

なぜ提案資料が必要か?

  • カタログを送っただけでは単なるDMです。すぐ捨てられる事が多いです。
  • 正式な提案の形をとっていれば、受け取った人(秘書・総務)が自分の権限で捨てることをためらいます。
  • 結果、社長や担当役員に回されて検討される可能性が高くなるのです。

※特に販売パートナー候補は自分達が将来的に中抜きされる可能性を恐れています。そのための提案も必要です。

講義概要

1回目

講義概要1回目

【講義】

  • 海外販売のセオリーと具体的手順
  • 海外エンドユーザーへの提案資料の作り方

【プレゼンテーション】

  • 他己紹介(他社・他人を紹介する)

【ゲスト講師】

  • 海外進出成功(失敗)企業の経営者
  • または国際人材紹介・監理会社
2回目

講義概要2回目

【講義】

  • 海外展示会出展への準備
  • 販売パートナーへの提案/販促資料の作り方

【プレゼンテーション】

  • 海外エンドユーザー向けの提案発表

【ゲスト講師】

  • 海外展示会出展または海外輸送業者
3回目

講義概要3回目

【講義】

  • 規制・認証問題
  • PL法、訴訟等の対応方法

【プレゼンテーション】

  • 海外販売パートナー候補への提案発表

【ゲスト講師】

  • 海外実務に習熟した弁護士
4回目

講義概要4回目

【プレゼンテーション】

  • 最終発表(総合戦略、エンドユーザー向け発表、販売パートナー向け発表 等)
  • フィードバック、討論

講師

大澤 裕
  • 慶応義塾大学経済学部卒。外資系銀行で大手日本企業の海外進出業務に従事。米国カーネギー・メロン大学経営学修士課程において特許製品の海外販路開拓方法を学ぶ。2000年㈱ピンポイント・マーケティング・ジャパン設立
  • 法政大学イノーベーションマネジメント研究科 グローバルMBA 兼任講師
  • グローバルネットワーク協議会(経産省管轄)海外展開 分野別専門家
  • 著書「中小企業が海外に製品を売りたいと思ったら最初に読む本」(ダイヤモンド社)
    「海外出張/カタログ・ウエブサイト/展示会で売れる英語」(ダイヤモンド社)
  • 大澤 裕
  • 中小企業が海外に製品を売りたいと思ったら最初に読む本
  • 海外出張/カタログ・ウエブサイト/展示会で売れる英語

メリット

  • 社内に海外担当プロジェクトチーム(勉強会)を作り、共通認識を持つことができます。
  • 講義、個別相談、発表の流れの中で具体的なグローバルセールスの手順を詰める事ができます。
  • 海外販売に実績のある他の会社と親しい関係ができ情報交換できます。

複数名の参加おススメする理由

  • 会社から1名だけで参加して海外展開の方法論を理解しても、それを社内で説得・実行するのは難しいからです。
  • 社長(または部門長)、海外責任者、実務者の3名が共通の認識と理解をもたなければ、いつまでも方向性が定まりません。
  • 共通の知識と方向性をもつための勉強、討議の場が必要なのです。また皆で客観的に他の会社の様子を見る事も勉強になります。

申し込み方法

費用・参加人数

費用・参加人数

  • 費用:40万円(全4回授業+個別相談)
  • 参加人数:1-4人(人数に関わらず上記額)/
    企業(審査あり)
  • 定員:全体24名まで

例えば4人のうち初回と最終回は社長(責任者)も参加。2-3回目は海外担当1-3名 といった形も可能です。熟年若手男女の混成チームが望ましいです。

お問い合わせ

次回開催の日時場所等、ご質問は、弊社担当:加藤友香 gds@ppmj.com までお問い合わせください。

無料相談窓口

ページの先頭に戻る