TOP > 海外企業調査、個別コンサル、その他

海外企業調査、個別コンサル、その他

サービス詳細

1.海外企業・担当者リストアップ調査

海外企業のリストアップ対象としては、
  • エンドユーザー候補
  • 継続的な販売パートナー(ディストリビューター・セールスレップ)候補
  • 大口顧客とその窓口

といった切り口が考えられます。社内で行われる通常のインターネット調査では、時間もかかりますしリストアップできる数も限られると思います。

我々は特に継続的な販売が期待できるパートナー候補の調査に強みをもっています。技術セールス・アフターケアが現地でできる会社をリストアップします。高度な機械・装置を(日系企業以外の)世界中の会社に売っていくためにはそうったネットワークが欠かせないからです。

勿論、業種や国によっては無理な場合もあります。その場合は正直にその旨お伝えします。お気軽にお問い合わせください。

また、ご要望あれば、リストアップ調査のみならず郵送・メール・電話を組み合わせて実際のアプローチ・フォローアップ・面談設定まで支援します。

2.個別コンサルティング

弊社代表が直接コンサルティング致します

頻度・時間・場所の条件にもよりますが、5万円~/月の年間契約から受けております。
(代表の大澤が直接に応対しますので、受けられる会社には限りがあります)

〈こんな方におすすめです〉
・専門の担当者をおくには早いが海外販売の検討を始めたい会社
・すでに英語を話せる担当者はいるが、戦略に迷っていらっしゃる会社
・継続的な販路を持ちたい会社

以下のような角度から支援・アドバイスすることができます。
  • マーケティング戦略立案および海外の販路網構築
  • 営業・提案資料
  • 商標・ブランド戦略
  • 製品開発・特許戦略
  • 規制・認証・法的問題点
  • EC/インターネットを使った販促活動

3.海外企業のエージェントになる講座

副業および第二の人生向けに輸入ビジネスを考えてみませんか?

輸入は輸出に比べて英語力を必要としません。
日本側が買い手になるために、海外企業も親切に対応してくれるのです。
海外企業の日本におけるセールスレップ(エージェント)になるというのは、ひとつのオプションとしてありえる事です。

本講座では以下のような事を学び必要な資料を作成します。
集団講座と個別指導を併用。
(オプション:海外展示会視察、海外企業との交渉支援)
  • 海外企業のエージェント(セールスレップ)になる事の意味(無料講座)
  • 有望な海外企業をどうやって探すか?
  • その海外企業にどうやってアプローチしアポを取るか?
  • 何を提案するか?
  • 自分のアピールポイントをどう作るか?
  • 海外企業に何を要求すべきか?
  • 最終的なエージェント契約(セールスレップ契約)の詳細
  • 日本での活動と海外企業への報告